はじめまして、「旅と家」のブログを運営しているeme10です。

県民共済住宅で家を建てるのがきっかけで家づくりの過程を残したいと思いブログを始めました。埼玉生まれ埼玉育ちの生粋の埼玉県民です。

ブログ名が「旅と家」という事もあり旅行が好きでコロナ前は海外旅行ばかりしていました。色々な場所に行って様々な宿泊施設に泊まった経験を活かした家造りをしたいと思っています。

県民共済住宅での家づくりは施主次第で色々な家が出来るのが非常に面白そうだと思っています。キッチンや洗面台や床など色々な部材を決められた範囲内で自分達に最適な組み合わせを探すなんてまるで旅に出る前に自分で旅程を組むのと同じ様な楽しみがあって旅と家づくりは似ているなと思います。

家を建てる予定の土地が都市計画道路予定地に一部被っていて、もしかしたら数年後にもう一度家を建て替えたり大規模リフォームを行う可能性があるので備忘録としてこのブログを活用したいとも思っています。

家づくりについて

コスパ最強と名高い埼玉県内限定の県民共済住宅でローコストでコスパ重視な家を建てます。

快適な住まいはどうしたら手に入るかと突き詰めていくと、自分なりの結論としては部屋や廊下等の建物内部の室温が一定に保たれ、冷暖房エネルギーが少なくて済む高気密高断熱の外皮性能の高い家が理想です。

県民共済住宅では正直言って理想には届きませんが、購入した土地が一部都市計画道路予定地上にあり、最悪数年で建て替えも現実的にある事を考えるととりあえずコスパ最強と名高い県民共済住宅で断熱性能を高めるだけ高めた家を建ててみてそれで満足出来たなら建て替えになっても県民共済住宅で建て替えるかあるいは減築で行けるなら減築で済まして断熱性能に不満があったならその時は高気密高断熱の家を建てられる工務店にお願いして解体後新築するのもありなのかなと考えています。

県民共済住宅で建てたい家

私の家は2021年度の県民共済住宅の仕様で建てられる最高の断熱性能の家を目指しています。Ua値だと0.46以下の6地域のHEAT20 G2レベルをクリア出来る位の家になると思います。断熱性能がそこそこ高い家になるので普通の壁掛けエアコン1台か2台での全館空調にもチャレンジします。

県民共済住宅では外皮性能に拘る施主ブロガーさんも少なければその先の全館空調を試みている施主ブロガーさんなんてほとんどいないので私の試みが後の誰かの助けになれば良いと思います。私の家は都市計画道路が通れば数年で取り壊しになる可能性があるので普通の施主さんが失敗を恐れて出来ないような事も出来たら面白いかなとも思います。

建設予定地が南側に2階建ての隣家がある旗竿地なのと県民共済住宅では窓ガラスが全て遮熱タイプになるので冬の日射取得では不利になりますが、幸い土地の方角のズレは10度未満なので日射取得が見込める2階南側の窓は大きく確保してその他の方角の窓は最低限に抑えて高気密高断熱住宅のセオリー通りの家を建てるつもりで考えています。勿論日射のコントロールもしっかり行うつもりでいます。

オプションに関してはランニングコストの削減に繋がる様な採算性の高いオプションはどんどん導入するつもりです。太陽光発電やキッチンの同時給排気式のレンジフード、高断熱仕様のオプションがそれらの筆頭ですが、それ以外の魅力的なオプションや個別見積りで入れられる物も出来るだけ取り入れたいと思っています。

耐震性に関しては県民共済住宅なら標準で壁量計算の耐震等級3ですが、追加費用を出して太陽光パネルを載せた状態での許容応力度計算を行った耐震等級3にして現時点で最高レベルの耐震性を確保するつもりでいます。

他にも私は旅先でコロナ前の数年は大体年間30泊近くホテルやアパートメントに泊まっている事もあり、予算の余裕があればホテルライクな寝室や水回りにしたいと思います。

内装のテイストは今の所北欧ナチュラルと言うか、無印良品の家具を置いてもあまり違和感がない感じの内装を考えています。豪邸みたいなラグジュアリー感は狙わずに床材や家具にお金をかけなくてもそれなりに見える感じを目指しています。

外観は総二階の切妻屋根の普通な感じにします。外観へのこだわりはあまりないので見た目に関する部分はほとんど標準で済ませるつもりでいます。私の場合は機能や性能と快適性が最優先の家づくりになります。

旅のスタイル

海外旅行が好きで一人旅も家族旅行もします。一人旅の時はコスパ重視の節約寄りの旅程を組むことが多く、家族旅行では節約より快適性を取ってラグジュアリーなホテルに泊まったりする事もあります。旅の印象を大きく左右するホテル選びには特に気を使っています。基本的に全て個人旅行でツアーに参加することはツアーでないと行けない所だったりツアーだと劇的に安く行けたりという事が無ければツアーに参加することはありません。

国内旅行はコスパが悪い(かけた金額の割に得られる経験が少ない)と思っているのであまり行きません。海外の旅先はヨーロッパが多いです。近場の場合はご飯が美味しい台湾や香港に行くことが多いです。

私は浦和育ちのレッズサポでもあるのでACLのアウェーゲームを観に中国辺りの東アジアや中東に行く機会も多いです。旅とサッカー観戦は趣味としての相性が良いと言うか相乗効果が非常に高いと思います。

気に入った場所には何度も行く派なので周遊系のバックパッカーにありがちな首都と世界遺産だけをチラッと見てさっさと次の国に移動するような感じの旅はほとんどしません。逆にホテル代が安かったという理由で観光地でも何でもない普通の町や村に行くことも多々あります。

旅行記は4travelというサイトに10年以上前からアップしていましたが、このブログでも書いていこうと思います。

免責事項

当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について

当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、引用の範囲を超えて無断転載することを禁止します。

当ブログで掲載している画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。また、当ブログで引用している文章や画像の著作権も引用元の各権利所有者に帰属します。

他サイトや他ブログから引用を行う際は引用と分かるように本文と区別し、引用元を明示して著作権法の範囲内で引用を行うように努力しておりますが、もし不適切な引用がございましたら速やかに対応致しますので大変お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。

当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、速やかに対応致しますので大変お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡ください。

当ブログへのリンクについて

当ブログはリンクフリーです。リンクする際の連絡や許可は不要です。

ただし、インラインフレームの使用や画像への直リンク等の当ブログのサーバーに負荷を与える行為はご遠慮ください。